logo

 丹波ごちゃまぜ自然体験

2013年夏休みの思い出
(子どもゆめ基金助成活動)
  写真をもっと見る
  フェイスブックも見る
★2012年の思い出
★2011年の思い出

  子育て支援 5活動
 ナルク丹波事務局
〒669-2355
 兵庫県篠山市大野 282-3
ホット介護さかい」別館内

電話(FAX)079-552-1128

ナルク本部へリンク
 ナルク丹波の最新日記
 シンプルカウンター
今日 10
昨日 34
総数 44240
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 子どもの冒険広場(里山ごんげんさんにて毎週土曜日10時~午後3時開催)    活動記録写真
丹波ごちゃまぜ自然体験 丹波ごちゃまぜ自然体験キャンプ 63 2010/10/16〜17(土・日)丹波ごちゃまぜ自然体験〜秋〜 2011/7/23里山ごんげんさん

 公園を活用した 子どもの外遊び・群れ遊び

大沢一号公園 「たんばっ子ひろば」

走る・跳ぶ・投げる「たんばっ子ひろば」

外遊びへの第一歩・人気の木工遊び

 

【活動の背景と狙い】

・平成14年より活動を開始した「あそびのひろば」の活動が兵庫県青少年本部に
 認められたのか、丹波地方代表の「子どもの冒険ひろば」開設の要請を受けた。
・平成16年4月、助成金を受け、「たんばっ子ひろば」の開設を開始した。
・17年度〜21年度は兵庫県の補助事業として開設している。

                  兵庫県の補助事業 「子どもの冒険ひろば」とは 

*「子ども自身が、自分の責任で自由に遊ぶ」ことを原則として、木や水、草や小石等の素材を相手に遊べる場を提供すること。禁止事項を出来るだけ少なくして、子ども自身の自主性や協調性を育むと共に、将来、子どもたちが自分自身の力で生きていく・・そんな力を付けさせて欲しい。「子どもの冒険ひろば」は、地域における体験学習の機会を広げ、異世代との交流を進める上で、有意義な取り組みであり・・(云々)

【ナルク丹波の取り組み】  

・兵庫県の狙いと目的を基調として、「走る・跳ぶ・投げる」を加えた「たんばっ子ひろば」活動を開始した。年間70日の開設条件に100日の開設で期待に応えた。

【開設場所】

・常設会場・・篠山市「大沢1号公園」・毎週水曜日・午後2時〜6時(冬期は5時)
・出前開設・・篠山市内の公園や広場、自治体主催のイベント会場等
[たんばっ子ひろば の内容・初期の頃]
・木や水、草や石ころを活用した子供の遊び・・とは言っても、外での遊びや群れ遊びの経験が無い子供たち(若い保護者も)に「さあ、思いっきり遊べ」と言っても・・
・そこで、子どもたちを外遊びに連れ出す手段として「木工遊び」を用意した。
 公園の片隅にブルーシートを広げ、その上に角材の切れ端や木片を置き、のこぎり、
 金づち、釘類、子ども用軍手を用意。「さあ、のこぎりを使って遊べ」から始めた。
・17年度〜「木工遊び」+「走る・跳ぶ・投げる」の群れ遊びに発展して行った。

【補助金】

兵庫県・兵庫県青少年本部・丹波県民局等からの補助金


前のページ
学童保育支援活動 「作ってあそぼう」
コンテンツのトップ 次のページ
ぁ嵶せ該得験萋亜廚函峪劼匹發遼糎韻劼蹐弌


© 2005-2009 ナルク丹波